会社設立手続きのための準備

株式会社や合同会社など、「会社」と一言で言っても色々なタイプがあります。
しかしどういう形で会社設立をしても、必ず法務局へ届ける必要があります。
しかし「会社設立したい」といきなり法務局へ手続きに押しかけても、門前払いをされるのがオチです。
では法務局へ届ける前に、会社設立のためにどういう準備を行えば良いのでしょうか。

まずは、会社でどういう事をしたいのかを考えます。
今はわざわざ会社を作らずとも、「個人事業」という選択肢もあります。
会社でなければならない理由は、何でしょうか。
会社を一度作り上げたら、後には引けません。
会社で何をどうしたいのかをじっくり考えた上で、設立へと動いて下さい。

会社でやりたいことが決まれば、会社設立の手続に向けて準備に入ります。
最初に行うべき手続準備は、会社名(商号)を決めます。
会社の形態にもよりますが、会社名をつけるにはルールがあります。
会社名は好きに付けて良いという訳でもないので、必ず確認して下さい。

もちろん事業内容も忘れてはいけません。
事業内容がはっきりしていなければ、会社として認めてもらえません。
また事業内容によっては、都道府県や警察署に届け出が必要になることもあります。
会社運営を成功へ導けるかどうかは、事業内容にかかっていると言っても過言ではありません。
1番に時間をかけて準備しておきたい所です。

次に本店(本社)を決めます。
既に事務所を借りているのならば、その事務所がある所が本店となるでしょう。
中には、自宅を会社にする方もいらっしゃるでしょう。
でも自宅が賃貸であれば、会社として使えない場合があるので注意が必要です。

会社設立の準備には、公示方法や事業年度も考えておかなければいけません。
また株式会社の設立であれば、発行可能株式総数や役員の任期も決める必要があります。
些か面倒に感じるかもしれませんが、どれも会社設立の準備に欠かせないことばかりです。
会社設立には大きな責任が伴うので、しっかりと準備するようにしましょう。