会社設立までの期間は?

会社設立の手続きにかかる期間は、どれぐらいになるのでしょうか。
会社設立は大きな仕事でもあるのでかなりの期間がかかると思われるかもしれませんが、1ヶ月もあれば設立は可能です。
早い人であれば1週間で、法務局への登記手続きまで持ち込めるでしょう。
ただし設立の手続きにかかる期間が短いのは、準備をしっかり行っていればの話です。
準備をしないまま登記となると、かなりの期間がかかります。

まずは、本当に会社でなければならないのかを考え直します。
今は、働き方を自由に選べる時代です。
会社でなく個人事業として行い、成功している方もいらっしゃいます。
個人事業であれば登記の手続きが必要無いので、明日からでも始められます。
また、会社は設立の手続きが完了すれば終わりではありません。
寧ろ会社設立の手続きが完了してからが、スタートです。
会社で行う目的・会社の将来についてもしっかり考えた上で、会社の必要性について考えて下さい。

会社がどうしても必要と感じたのならば、会社設立の手続きへと入ります。
会社設立の手続きには様々な書類が必要になり、書類準備には専門家の力を借りることもあります。
会社設立の手続きには書類の他に、印鑑や資本金も必要となります。
持っていなければ注文という形になるものの、そこまで時間はかからないでしょう。
資本金については、各々の財布事情次第になるので何とも言えないのが正直な所です。
ただ資本金を管理するための口座を新たに作るとしても、1日あれば十分です。

会社設立の手続きまでの期間を短縮するのならば、会社設立代行業者に頼むのが1番の近道です。
業者に頼めば手続きに必要となる書類を準備してくれるので、期間はほとんどかかりません。
ただし代行業者に頼むことになったとしても、やはり「会社の目的」がハッキリしていなければどうしようもないことです。
少しでも早く会社設立をと考えているのならば、会社の目的をしっかり考えましょう。