会社設立の相談は司法書士へ

「会社設立の手続きは非常に難しく、専門家に相談した方がいい」と耳にタコができるほど聞かされたことでしょう。
ただ会社設立にまつわるサイトや書籍も多数出ており、自分1人でも何とかできると思っていないでしょうか。
確かに1人で会社設立の手続を行おうと思えば、できなくはありません。
しかし定款作成や自治体の届出などに関しては、素人1人では厳しいものがあります。

定款は会社の経営に深く関わるもので、非常に重要なものになります。
会社形態にもよりますが、将来のありとあらゆる事柄に関して対処しなければいけません。
法律も密接に関係しており、素人1人で作り上げるのは流石に限界があります。
また会社設立後にも、税務署などの届出が必要になります。
社会保険や、社員を雇うのならば労働監督署にも届出が必要です。
少しでもこれらの届出を怠ってしまうと、会社を設立しても事業ができないという最悪の事態を招いてしまいます。

会社設立は人生をかけた、一世一代のビッグプロジェクトです。
1人で突き進んでしまうと、必ず何処かで躓いてしまいます。
転ばぬ先の杖として、専門家に相談することを強くおすすめします。
会社設立に関しては行政書士・弁護士・社会保険労務士・税理士などの専門家がいますが、確実に進めるのならば司法書士が1番でしょう。
司法書士は、登記申請まで全てカバーしてくれます。
会社設立の手続にも慣れており、手際よく進めてくれるのも嬉しいポイントです。

ただ司法書士に任せるとなると、気になるのが支払報酬です。
司法書士は自由価格になるので、報酬額は「司法書士による」としか言いようがありません。
でも司法書士に任せた場合、定款作成にかかる費用4万円を抑えることができます。

司法書士の相談は、無料で承っている所もあります。
もし会社設立について少しでも疑問を感じたのならば、まずは司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。
1人で何もかも背負うよりも、誰かが側にいれば心強いものです。