社会的な責任が大きい会社は簡単に設立できる

「会社設立」は想像以上の大きな責任が伴います。
普段生活を送る上で、経済活動は絶対に欠かせません。
何か物を購入して使うにしても、購入するためのお金が必要です。
お金を得るには、頑張って働くしかありません。
頑張って働けば自身にもお金が入り、社会の役に立ちます。
つまり会社という存在は、雇用者にお金を支払い、社会の役に立つためにあるのです。

会社設立を考えているかと思いますが、どんなに小さな会社であっても会社は会社です。
社会が受ける影響は、かなりのものです。
だからこそ会社設立の手続を行う前に、本当に「会社」という形がなければできないのかを考えて下さい。
単純に「自分の好きな仕事がしたい」というのなら、個人事業という選択肢もあります。
そして考えた結果どうしても「会社」という形が必要になったのならば、手続の準備へと移りましょう。

しかし、会社設立は本当にできるのかどうか疑問に感じている方も多いかと思います。
果たして1人で会社設立はできるのかどうか、お金は一体いくらかかるのか、不安材料は山積みです。
株式会社を作るのならば、1人で設立は実質不可能です。
取締役3人・監査役1人を決めなければならず、1人だけではどうしようもありません。
ただし、必ず取締役と監査役を置かなければならないという訳ではありません。
株式会社であっても、1人で設立することは基本的には可能です。
また設立資金については、1円以上あれば法律上問題はありません。
おカネが足りない場合は会社設立の助成金を使うとよいでしょう。

そもそも日本だけでなく世界中にある会社は、誰かがゼロから作り上げた会社です。
世界的に名前が知られている大企業であっても、自然発生したものではなく、誰かが作り上げた会社です。
誰かができることならば、ご自身でもできる筈です。

会社設立は一見すると難しそうに思われるかもしれませんが、意外と簡単に設立することができます。
まずは事業内容を決めます。
事業内容は会社設立の手続だけでなく、会社運営にも深く関わることです。
単純に漠然と「こういう仕事がしたい」というだけでは、会社としては成り立ちません。
実際に手続を行う時も、突き返されてしまう恐れがあります。
事業内容は、会社の生命線となる事柄です。
事業内容をしっかり考えているのならば、会社設立はかなり楽になるでしょう。

そして忘れてはならないのが、会社の名前です。
会社の名前は基本的に好きにつけても構いませんが、既に存在している同じ会社名は禁止などのルールがあります。
同じ名前の会社があるかどうかは、インターネットで探せばすぐに分かります。
世界に1つしかない、唯一無二の会社名を考えて下さい。

ただ会社設立は簡単にできるとは言え、手続に関しては少々面倒な部分があります。
会社設立は法務局への手続になりますが、手続に必要となる書類が山ほどあるからです。
会社設立が最も簡単だと言われている合同会社でも、登記申請書・定款・払込みがあったことを証する書類・印鑑証明書・OCR用紙・印鑑届出書・印鑑カード交付申請書などが必要です。
ただしこれらの書類はあくまでも”基本的に”必要になる書類で、状況によっては更なる書類提出が求められます。
また書類には、「間違い」という言葉は絶対に許されません。
少しでもミスがあると、登記申請が下りないこともあります。
しかし書類そのものの内容は、そこまで難しいものではありません。
ただしそれぞれの書類には書き方のルールがあるので、しっかりと把握しておきましょう。

無事に会社設立の手続が済み登記が受理されたら、いよいよ会社としてのスタートです。
しかし登記が受理されたらそれで終わりではなく、他にも行うべきことは沢山あります。
税金と保険の届出です。
税金や保険の届出を怠ってしまうと、会社を設立しても運営ができなくなります。
もし会社設立を本気で考えているのならば、税金と保険に関しては把握しておきましょう。
ただどんなに頑張って勉強しても、税金や保険に関して1人で手続を行うのは、流石に無理があります。
例え知識があったとしても、素人が行うものではありません。
税理士や社労士の力を借りた上で、手続に踏み切って下さい。

→ おすすめの会社設立代行

また業種によっては、税金と保険の他にも届出が必要になります。
例えばお店を開業するのならば、開業届の申請が必要です。
開業届を出さなければ店としての営業はできなくなります。

どんなに小さな会社であっても、社会に与える影響は計り知れないものがあります。
社会に大きな影響を与える可能性のある会社設立は、大きな責任を伴うものです。
しかし会社設立の手続に関しては、そこまで難しいものではありません。
少々面倒ではあるものの、事前に勉強していれば難しく感じることはないでしょう。

しかし会社設立の手続を1人で何もかも行うには、流石に限界があります。
手続書類に少しでも不備があると、手続を受け付けてくれません。
そこで会社設立に関しては税理士や社労士、司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。